<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

昔馴染み - Thailand Fiction 16

c0165405_1811095.jpg

ジュンイチの疑いが晴れFarは安堵したのか空腹を覚えた。外へ出ていつもの屋台でセンレックを食べ腹を満たすと、ビューティーサロンに入りシャンプーをしてとマニキュアを塗ってもらった。
さっきまでの喧嘩していたことなどすっかり忘れおしゃれに没頭した。
サバーイ、サヌック、マイペンライが彼女の価値基準であり、いやなことはさっさと忘れ、楽しいことだけ考える楽天的タイ人の典型だった。

身ぎれいになると気分は晴れ、オカマのSomchaiに電話した。
「ねぇ起きてる?今日仕事終わったら遊び行こうよ・・・」「OK!いつもの店ね・・・」
Somchaiとの付き合いは長い、Farより5つ上の彼は、同郷ということもあり最初にタニヤで働いた時から妹みたいに面倒を見てくれた。何でも相談できる唯一の友達だった。
日本から帰ってから、今の店であるスクンビットのSoi33の店を世話をしたのも彼だった。ジュンイチは当初反対したが、飲むだけでデートはしないことで納得させた。

タクシーに乗り少し早めにに店に行くとタグチがいた。
「あら珍しい・・・どうしたの?日本じゃなかったの」
タグチと逢うのは半年ぶりだ。いつも忘れた頃ひょっこり顔を出す。
  「久しぶりだね。飯でも食いにいくか?」
「ご飯なんで食べに行ったことないじゃない。いつもやるだけじゃない」
「こんなおばちゃんとまだやるの?(笑)」

そう話しながらFarは私服で席についた。

飲むだけといってもお客は結構誘ってくる。一晩10,000バーツと言って来る客もいたが、新しい客とは絶対にホテルには行かなかった。そこまでリスクを犯してジュンイチを失いたくなかった。Farがジュンイチを裏切るのはジュンイチより古い馴染みの客であり、Farの立場を理解している1人の客だけだった。その唯一の客がタグチだった。
タグチは性格があっさりした紳士だった。Farとはセックスだけの関係・・・決して感情を移入してこなかった。Farもタグチに無理は頼まなかった。それがむしろ友達感覚でお互いに心地良く、気がついたら10年も続いていた。

★Back Number  
マイサバーイ - Thailand Fiction 15

魔性の微笑 - Thailand Fiction 14

疑わしきは罰せず - Thailand Fiction 13

涙の名演 - Thailand Fiction 12

ファースト・インプレッション - Thailand Fiction 11

暗黒への旅路 - Thailand Fiction 10

イージー・マネー - Thailand Fiction 9

孤独の旅路 - Thailand Fiction 8

嘘のつき方 - Thailand Fiction 7

モーチットの再会 - Thailand Fiction 6

チェンマイの宝物 - Thailand Fiction 5

ラチャダーピセークのシャワー - Thailand Fiction 4

留守電の疑惑 - Thailand Fiction 3

ハリウッド・アワードの酔っ払い - Thailand Fiction 2

スワンナプームの光景 - Thailand Fiction 1


[PR]

by Sukhumvit_Walker | 2008-11-24 18:13 | Thailand Fiction | Trackback | Comments(0)  

マイサバーイ - Thailand Fiction 15

c0165405_14125033.jpg

Kitから将来結婚したと言われた時、Aorは微笑みを返しただけった。彼がしたくてもきっとお父さんが許さないわ・・・心の中でそう呟いた。結婚なんて・・・まだまだもったいないわ。
Aorの予想どおり父親は結婚に反対した。お金持ちじゃない・・・それが反対の理由だった。Kitはクルンテープ行けばなんとかなると思いチェンマイを出た。Aorにとってはすべてが好都合だった。大学に行って言い寄る男たちと楽しく過ごした。今度は見た目だけじゃなくお金持ちかどうかもチェックした。付き合っても飽きてくると捨てていった・・・まるで服を変えるかのように・・・それがAorのやり方だった。

Kitはきれいに片付けた部屋でうきうきしながらAorを待っていた。夕方5時を回り連絡があるまで、少しベッドに横になろうと思ったのがいけなかった。昨夜の疲れのせいか睡魔に襲われ眠りに落ちた。突然、携帯が鳴った・・・Aorだ!
「バカヤロー!何やってるんだ!Kit!もう10時だぞ!・・・無断欠勤か!」電話からはハリウッドのマネージャーのBirdの罵声が聞こえた。
  「すみません。寝てました・・・すぐ行きます・・・」
電話を切ってから頭が回り始めた・・・Aorは?携帯をチェックしても着信はなかった。
いくらなんでも遅すぎる。荷物はここにあるし・・・Aorに電話をしても着メロが流れ留守電になるだけだった。3度目の電話で留守電にメッセージを残しKitは仕事に出かけた。Aorから連絡がない不安とBirdの怒った顔が浮かび、一気に気持ちがマイサバーイになった。

★Back Number
魔性の微笑 - Thailand Fiction 14

疑わしきは罰せず - Thailand Fiction 13

涙の名演 - Thailand Fiction 12

ファースト・インプレッション - Thailand Fiction 11

暗黒への旅路 - Thailand Fiction 10

イージー・マネー - Thailand Fiction 9

孤独の旅路 - Thailand Fiction 8

嘘のつき方 - Thailand Fiction 7

モーチットの再会 - Thailand Fiction 6

チェンマイの宝物 - Thailand Fiction 5

ラチャダーピセークのシャワー - Thailand Fiction 4

留守電の疑惑 - Thailand Fiction 3

ハリウッド・アワードの酔っ払い - Thailand Fiction 2

スワンナプームの光景 - Thailand Fiction 1


[PR]

by Sukhumvit_Walker | 2008-11-08 18:02 | Thailand Fiction | Trackback | Comments(0)